MENU

お金の借入れをしてみた

お金が足りなくなってしまい、どうするかと困っていたところ、目に付いたのがクレジットカードでした。

 

銀行にもお金が入っていなかったし、お給料日までまだまだに日にちがあったのです。
どうにか週末を乗り越えるためにも1万円だけ借り入れをしたいと思い、目に付いたセゾンカードを使い、商業施設のATMに向かいました。

 

当時20代になったばかりの私にとっては、1万円だけでも低金利で借入れるということは、とても勇気のいることでした。

 

しかし、操作は簡単であり、銀行のキャッシュカードと同様に機械にカードを挿入して暗証番号と金額を入れると1万円が出てきたのです。
その月は、友人の結婚式があったり、何かと出費がかさんでおり、金欠状態だったことを思い出します。

 

キャッシングでお金の借入れをしたのはそのとき一度だけでした。あとは返済が待っていました。

 

通常の一括払いにしたのですが、意外にも利息の負担があったので、お金の使い方には気をつけようと思ったわけです。
毎日の生活の中で、お金というのは必要不可欠なものです。

 

借入れをして一時的にその場をしのぐのもいいのですが、普段から計画的にお金を使うようにしなければならないというように思ったのでした。

消費者金融の借入れは意外に簡単

毎日の生活の中でお金というのはとても大切なものです。お金がなければ、生きていくこともできないでしょう。

 

仕事をして収入を得ることで生活をしていくことができるのですが、
収入よりも支出のほうが多くなってしまうことで金欠の状態になってしまうのです。

 

私はいつもお金の使い方には気をつけているほうですが、ある月だけマイナスの収支になってしまうことがあったのです。

 

これは、税金や保険料、車の車検、クレジットカードの支払いなどが重なってしまったのです。

 

そこで私は金融会社にお金を借りることにしたのです。金融会社でもいろいろなところがあるのですが、
中でもスピーディにお金を借りることができる消費者金融に申し込みをしたのです。

 

ほかの金融機関も考えたのですが、すぐにお金が必要だったのです。

 

インターネットで自分の情報を入力したのですが、その情報や初めての利用という利用実績などから
審査はすぐに通り、即日融資という流れで借入れをすることができたのです。

 

その場ではとても簡単にすぐお金を手にすることができて、
興奮状態だったのですが、よくよく考えてみると、返済をするという現実が待っていました。

 

借入れをするのは簡単ですが、その後のことを考えてお金を計画的に使うようにしたいものです。

銀行とクレジットカードで借入をしました

クレジットカードのキャッシングを、試しにしたことが借入の一番最初です。

 

その時は、初めてなので返済の仕方もわからないのでクレジットカード会社に電話をしてやり方を聞きました。
それくらい、借入をしたことはなく緊張したことが今も思い出になっています。

 

しかし、一度借りるとその仕方も覚え2回目からは平気になるのが借金のおそろしい部分です。

 

クレジットカードのカードローンは、利用をしていないので限度額がとても低く使いにくいものでした。
それでも、使用をしている間に限度額は年々高くなっていき今ではショッピング枠とほぼ同じくらいになりました。

 

銀行のビジネスカードローンは、金利が安いことと安心感があるので利用しています。

 

クレジットカードと同じように専用のカードがあるので一度それを作ると次回からは簡単に借入ができます。
現在は、この2枚のカードを上手く使い分けてお金が必要なときには利用しています。

 

返済は、クレジットカードはショッピングと同じ日に口座から引き落としがあり忘れることはありません。

 

銀行カードローンも、指定をすると自動引き落としができるので今はそれを利用しています。
返済をキチンと、することが借入をするときのルールと自分で決めています。

お役立ちサイト